整体だけでなく歯のケアも必要な理由

オススメ健康法

都留市で痛くない自然無痛整体と

かんたん「だいたい1分体操」で

 

頑張る女性の

ゆがみと姿勢の悩みを解決する。

 

さいとう療術院の齊藤義治です。

 

 

【やっぱり痛いのは嫌だね】

 

 

私事ですが、久しぶりに歯科医院に

いってきました。勇気あるでしょ?

 

 

幸い虫歯は無かったんですが、

歯石を綺麗にしてもらうのに

「ヴィ~ン」とかやられて

すげー痛かったです(汗)

 

 

やっぱ痛くないって幸せやな~!

と思いました。

 

 

というわけで、

痛くない整体。さいとう療術院を

これからもよろしくお願いします!

 

 

しかし歯石取るのも痛いんだから、

虫歯になったらもっと痛くて

長い間通って・・・。

 

 

考えるだけでも嫌ですよね。

だからこそ身体ももちろんですが、

歯のケアも忘れないでください。

 

 

ひとつ衝撃的な事実を言います。

 

 

奥歯の6番

(親知らずを除いた奥から2番目)

が虫歯だったりデカい詰め物なんか

してると常に背中から肩にかけて

負担がかかります。

 

 

つまり常に肩こりになりやすい!

て事です。嫌でしょ?

 

 

だから整体で身体のケアだけでなく

歯のケアもしてくださいね。

 

 

 

さて、ここからはこぼれ話で

「痛」という漢字のルーツを

調べてみました。

 

 

興味ない人はスルーしてくださいね

 

 

まず广。名前はわかりませんが

これは「病床で寝る病人」

と言う意味があるそうです。

 

 

次に中身のマの下に用という漢字。

これはマは人間。

用は突き抜ける。

 

 

という意味があり、

総合的に合わせて言うと

 

 

「寝たきりの病人の体を突き抜ける痛み」

 

 

という意味だそうです。

 

 

そうなる前に自分の身体、

ケアしていきましょうね!

 

 

整体の目的は、それをちょっとだけ、

お手伝いすることです。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうね!

 

 

「ホームページを見て・・・」

とお電話ください

電話で予約

空き状況をチェックして

そのまま予約もできる

便利な専用サイトはこちら!

ネット予約フォームへ

 

LINE@始めました!

 

 

登録お願いします。

IDはこちら!@ulf3344m

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です